本文へ

初心者コーナー

  • 「Java アップデートを入手可能」というメッセージが画面右下から頻繁に表示される

すみません。
パソコンを起動すると、デスクトップ画面の右下から

「アップデートを入手可能
新しいバージョンのJavaがインストール可能になりました。」


というメッセージが定期的に表示されます。
怖くてよくわからないのでずっと放置しているんですが、これは何ですか?

これは、Java(ジャバ)というソフトウェアの更新(アップデート)通知です。

Javaのアップデートをする場合は、このメッセージ、もしくはアイコンjavaをクリックして、画面の指示に従えばJavaを最新の状態に保つことができます。

  • * Javaの更新に費用はかかりません。
インフォメーション

Javaの設定やバージョンによって表示されるメッセージが下記のような場合もあります。

<例1>
Javaの最新版のインストール準備完了
このコンピュータ用の最新版がJava Updateからダウンロードされました。

<例2>
Java Update Available
Click here to continue

<例3>
画面が暗くなり画面中央にユーザーアカウント制御が表示される場合

「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」
プログラム名:jucheck.exe

「はい」を選択して画面の指示に従えばJavaのアップデートがおこなえます。

あのメッセージは更新通知だったんですね。

今までよくわからず[×]ボタンをクリックしてメッセージを消していたんですが、それでも定期的にメッセージが表示されてしまって気になっていました。

そもそもJavaって何ですか?
Javaというソフトウェアを、自分で入れたことはないと思うのですが……

Javaとは、普段あまり目にすることがないソフトウェアなので印象が薄いかもしれませんが、ウェブサイト上で提供しているオンラインゲームや、チャット、株価/FX為替チャートなど、主にリアルタイム(実時間)で表示するサイトやソフトウェアなど、身近な部分で多く用いられています。

ちなみにVAIOには、お買い上げ時の状態からJavaソフトウェアがインストールされています(一部機種を除く)。

またJavaは、「Java Runtime Environment」を略して「JRE」と呼ばれることもあります。

そうなんですね!Javaに関してはよくわかりました!

私はパソコンで、よくオンラインゲームやチャットをしています。
父親は株価/FX為替チャートをやっているんですが、Javaのアップデートはしたほうがいいんでしょうか?

はい。アップデートせずに古いバージョンのままだと、Javaを使ったページやソフトウェアを表示する際に、正常に動作しなくなる場合があります。

また、最近では古いバージョンのままJavaを使い続けているパソコンを狙った偽セキュリティソフト型・偽ハードディスク診断ソフトウェア型のコンピューターウイルスがとても流行しています。

これは、正規のセキュリティーソフト(ウイルス対策ソフトウェア)をインストールしていても感染してしまうほど強力なもので、Javaの古いバージョンの脆弱性を悪用したものです。

最新のJavaにアップデートすれば、対策済みのJavaに更新できます。

お客様の現在のパソコンのご利用方法なら、コンピューターウイルスの予防対策としても、ぜひJavaのアップデートを行うことをおすすめします。

そうなんですね!
アップデートをしないと、ウイルス感染の危険があったなんて知りませんでした!

さっそくアップデートをしたいのですが、どうすればよいですか?

では、デスクトップ画面を表示して、以下の手順に従って操作をしてください。

  1. デスクトップ画面の右下に、アップデートのメッセージが表示されている場合は、そのメッセージをクリックします。
    メッセージが表示されていない場合は、同じく右下に表示されているJavaのアイコンjavaをクリックします。
    • * インターネットに接続してアップデート操作を行います。
インフォメーション

「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[はい](または[続行])ボタンをクリックします。

  1. 画面中央に、Javaのアップデート画面が表示されるので、[インストール]ボタンをクリックして、画面の指示に従いインストールを行ってください。
インフォメーション

アップデートのメッセージが消えてしまった場合や、[×]ボタンで閉じてしまった場合は、以下の手順でJavaのアップデートが可能です。

  • * インターネットに接続してアップデート操作を行います。
  • * ここではWindows 7の画面で説明します。
  1. [スタート]ボタン[スタート]ボタンをクリックし、[コントロール パネル]をクリックします。
  2. 「コントロールパネル」画面が表示されるので、[プログラム]をクリックします。
  3. [Java]をクリックします。

    • * ここで[Java]のアイコンが表示されない場合は、お使いのVAIOにはJavaがインストールされていないため、アップデートの必要はありません。
  4. 「Javaコントロールパネル」画面が表示されるので、[アップデート]タブをクリックして、[今すぐアップデート]ボタンをクリックします。

    • * アップデートの際に「このソフトウェアは使用中のコンピュータにすでにインストールされています。」と表示された場合は、すでに最新版のJavaがインストールされています。[いいえ]ボタンをクリックしてから、Internet Explorerの[×]ボタンをクリックして、インストールを終了してください。

ありがとうございます!
「Javaのインストールに成功しました。」という画面が表示されて、最新のJavaをインストールできました。

オペレーターからの一言

今回ご説明したJavaのように、自分でアップデート操作をしなくてはならないものがほかにもあります。

  • Microsoft Windowsのアップデート
  • Microsoft Officeのアップデート
  • Adobe Readerのアップデート
  • Adobe Flash Playerのアップデート

ウイルス対策ソフトウェアをインストールしていても、これらのアップデートは自動では行われません。
Javaと同様に、古いバージョンのままで放置してしまうと、コンピューターウイルスに脆弱性を突かれ、悪用される場合があります。

これらのソフトウェアは常に最新の状態を保ち、ウイルス予防対策を強固にしましょう。
詳細は以下のページをご参照ください。

参考情報

Adobe Readerや、Adobe Flash Playerのアップデートについては、以下をご参照ください。

Adobe Reader
Adobe Flash Player

ページトップへ