本文へ

ブルーレイディスクの種類と使い分けについて知りたい

テレビ番組の録画に大活躍の「ブルーレイディスク」。VAIOに搭載されているけどまだ使っていないという方は必見!もっとハイビジョンを身近に!VAIOの可能性を広げてみませんか?

ブルーレイディスクは大容量だから、ひとつのイベントの映像と写真を1枚のディスクに保存できたり、ハイビジョン映像の膨大な情報量を損なうことなく、そのままの美しい画質で記録して、再生することができます!

ブルーレイディスクの特徴

「ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)」という名前は、ブルーレイディスクの再生や記録に、青紫色レーザーを使うことに由来しています。

ブルーレイディスクはDVDと同様に、直径12cmサイズのディスクですが、1枚で25GB(1層の場合)と、DVD約5枚分(1層の場合)のデータを保存できます。
そのため、情報量が多いハイビジョン映像や画像も、そのままの高画質で保存することができます。

2層の場合は、1枚で50GB、DVD約10枚分のデータを保存できます。
3時間を超えるようなハイビジョン映像を保存する場合に使用すると便利です。

<ブルーレイディスク 片面2層の場合>
* 下記のページで、ブルーレイディスクの特徴を詳しく説明していますので、ご覧ください。
ページトップへ

ブルーレイディスクの種類

ブルーレイディスクには、読み出し専用、追記型、書き換え型の3種類のメディアがあります。

種類 読みかた 特徴
BD-ROM ビーディーロム 読みだし専用のブルーレイディスクのことです。データの書き換えはできません。高精細画質の映画やゲームソフトなどの収録に使われます。
BD-R ビーディーアール 1層または2層の追記型のブルーレイディスクのことです。データの読みだしと、書き込みができます。データを書き換えることはできませんが、空き容量が残っていれば、後からデータを書き足す(追記する)ことができます。
BD-R BDXL ビーディーアール
ビーディーエックスエル
3層または4層構造の追記型のブルーレイディスクのことです。データの読みだしと、書き込みができます。データを書き換えることはできませんが、空き容量が残っていれば、後からデータを書き足す(追記する)ことができます。
BD-RE ビーディーアールイー 1層または2層の書き換え型のブルーレイディスクのことです。データの読み出し、書き込み、書き換えがきます。製品によりますが、約1000〜1万回ほど繰り返して書き換えができます。
BD-RE BDXL ビーディーアールイー
ビーディーエックスエル
3層構造の書き換え型のブルーレイディスクのことです。データの読み出し、書き込み、書き換えがきます。製品によりますが、約1000〜1万回ほど繰り返して書き換えができます。

ブルーレイディスクのパッケージには、「ビデオ用」と書かれているものと、「データ用」と書かれているものがあります。

「ビデオ用」と書かれているディスクは、主にブルーレイディスクレコーダーでテレビ番組を録画するためのディスクです。
「データ用」と書かれているディスクは、ビデオカメラで撮影した動画やパソコンのデータなどを書き込むためのディスクです。

ディスク構造やフォーマットはまったく同じため、データ用を録画用に、録画用をデータ用に使用することはできますが専用のディスクを使用していただくことをおすすめします。

Q&A

Q. 「1層(単層)」「2層」って?

A. ブルーレイディスクの説明に、「1層(単層)」や「2層」という言葉が出てきますが、これはデータを記録できる面の数を表します。
ブルーレイディスクはディスクの片面に記録する仕組みになっていて、この記録する面が1層(単層)構造である場合は「1層(単層)」、2層構造である場合は「2層」と言います。
2層ディスクは記録面に2つの独立層を使用して情報を記録するため、1層(単層)ディスクの2倍のデータや映像を記録することができます。

ページトップへ

対応しているブルーレイディスク

VAIOでは、下記のブルーレイディスクが使用できます。

ご注意
  • BD-RE Ver.1.0規格のディスクへの記録、再生はできません。
  • VAIOで作成したブルーレイディスクはBD-RE Ver.1.0専用プレーヤーで再生できません。

ソニー製のブルーレイディスクについては、下記のページをご参照ください。

ページトップへ

ブルーレイディスクを使い分けよう

BD-RとBD-RE はどのような時に便利なのでしょうか。下記の説明を参考にして、使い分けてみてください。

BD-Rの場合

ディスクの内容を書き換えることができないので、録画した映画の保存版を作成したいときや、録画したホームビデオの保存版を作成したいときに便利です。
ブルーレイディスクドライブを持っている人には、手軽にデータを配布できます。

BD-REの場合

ディスクの内容を書き換えることができるので、編集途中の映像を保管しておくなど、大容量データの一時保管先として使用することができます。

ご注意
  • BD-RE 1.0(Blu-ray Disc Rewritable Format ver.1.0)に対応したディスク(カートリッジ付きディスク)への記録、およびこのディスクの再生はできません。
  • VAIOで作成したブルーレイディス クをBD-RE 1.0専用プレーヤーで再生することはできません。
  • 接続するディスプレイが、HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)規格に対応していない場合は著作権保護されたブルーレイディスクをデジタル出力できません。
  • VAIOではソフトウェアを用いてブルーレイディスクを再生(デコード)しています。このため、ディスクによっては操作および機能に制限があったり、CPU負荷などのハードウェア資源の関係で音がとぎれたり、コマ落ちすることがあります。
  • 著作権保護されたブルーレイディスクを継続的にお楽しみいただくためには、AACSキーの更新が必要となる場合があります。更新の際にはインターネット接続が必要です。
    AACSの更新に関しては下記の「ブルーレイディスクを再生するとAACSキーに関するメッセージが表示される」をご参照ください。
  • 映画などのBD-ROMコンテンツでは、地域(リージョンコード)の設定が必要です。選択した地域と異なる設定のディスクは再生できません。
  • 再生するブルーレイディスクによっては、アナログ出力(D-sub、D端子など)の解像度が制限される場合や、出力が制限される場合があります。
  • type Aにて、ブルーレイディスクの再生などコンピューターのCPUに高い負荷のかかる動作を実行する場合は、必ずACアダプターにつないでください。本機の省電力機能により、正常に再生できない場合があります。
  • BDXL規格で記録したデータは、BDXL対応機器でしか再生できません。
ページトップへ

ブルーレイディスクが使えるVAIOについて

ブルーレイディスクは、ブルーレイディスクドライブが搭載されているVAIOで使用できます。
ブルーレイディスクドライブが搭載されているVAIOの確認は、下記のページをご覧ください。

ページトップへ